2010日本パッケージングコンテスト入賞

Topics

2010日本パッケージングコンテスト入賞

弊社、湖西工場から出品した製品が「食品包装部門賞」を受賞いたしました。
入賞作品は「メロン 5個・6個入れ共通緩衝材」という製品です。

日本パッケージングコンテストとは

"時代と社会の要請に対応した、生活文化に優れたパッケージ及びその技術の開発普及に資することを目的とする" を目的に、毎年開催されているコンテストです。

コンセプト

現行品の5個・6個入れ共通緩衝材では、メロンを5個入れる際にはミシン目で形成されている中央部の穴を生産者が手で切り取って開けていた。
現行品の緩衝材はΣ(シグマ)型で罫線部(折る部分)が7箇所ある構造であり、緩衝材の挿入に手間が掛かっていた。上記とともに構造を見直し、材料使用量の削減も図った。

特徴・用途

【特徴】
5個入れの際に切り取っていた中央部の抜き穴を「くぼみ」に変えることにより、抜き穴を切り取る作業を無くした。
「くぼみ」は軽く押し込めば、簡単に「くぼみ」が形成される構造とした。
また、罫線部(折る部分)を7箇所(Σ型)から5箇所(への字型)に減らし、切り取り作業とともに包装作業性の向上を図った。
構造を見直し、材料使用量も現行品と比較し、約25%の削減。

【用途】
メロン等の青果物の緩衝材(5個・6個入れ共通使用可能な緩衝材)として利用

メロン 5個・6個入れ共通緩衝材

日本紙工業は、今後もお客様に満足いただける商品、環境に配慮した設計に努めてまいります。

ページトップへ戻る ページトップへ


Copyright © 2007 NIHONSHIKOGYO Co., Ltd. All rights reserved.