会社紹介

沿革

沿革
年月年内記事
1894創始者が入社した日本紙工の前身となる京都の村井兄弟(けいてい)商会が設立される
村井兄弟商会は明治初期に一世風靡した、たばこ「ヒーロー」の生産をしていた
1920資本金5万円で京都に日本紙工株式会社が設立される
日本紙工は専売公社から「吸口」の製造委託を受けて、最初にたばこ「ゴールデンバット」の吸口をてがけた。
その後、創始者が日本紙工から分社し、日本紙工業株式会社を設立する。
日本紙工はオフセット印刷の化粧箱を主力とし、日本紙工業は段ボール・紙管の製造を主力として、てがけることとなる。
1953.04資本金300万円で日本紙工業株式会社を設立
1953.05犬山工場及び鷲津工場操業開始
1963.01犬山工場の隣接地に段ボール工場を増設
1966.08静岡県袋井市に段ボール工場(袋井工場)を新設
1970.09愛知県豊橋市に紙管工場(豊橋工場)を新設
1971.11資本金を1億円に増資
1971.11愛知県犬山市に段ボール工場を新設
1971.11同地に本社社屋竣工、本社移転
1977.05宮城県大崎市岩出山町に段ボール工場(東北工場)を新設
1983.06袋井工場の隣接地にプロセス印刷工場(袋井第2工場)を新設
1991.05静岡県湖西市に紙管工場(笠子工場)を新設、豊橋工場を移設
1992.08静岡県湖西市に段ボール工場(湖西工場)を新設
1992.08鷲津工場を鷲津配送センターと名称変更
1996.05ISO9001本社工場、袋井工場、湖西工場が3工場同時認証取得
1997.08本社工場コルゲートラインリニューアル及び構内搬送システムの導入を行う
2000.07ISO14001本社工場、袋井工場、湖西工場が3工場で同時認証取得
2004.086色印刷機の導入
2007.08UVニスコーティングシステム導入
2008.02Nフルート段ボール製造開始
2009.03湖西工場に60Hシングルフェーサー導入
2012.04静岡県湖西市に製函・出荷倉庫(笠子工場)を新設

ページトップへ戻る ページトップへ


Copyright © 2007 NIHONSHIKOGYO Co., Ltd. All rights reserved.