業務紹介

段ボールシート製造

コルゲーターによる段ボールシート製造概要

裏側の段ボール原紙と段ロールで加工した中芯を貼り合せ片段(片面段ボール)を作ります。 次に表側の段ボール原紙を貼り合せていきます。 次に巾罫線を入れ、巾カットしてその後流れを切断し、段ボールシートとして積み上げていきます。 コルゲーターから出るシートは、裏が上表が下になって出てきます。
これを貼合(てんごう)と呼びます。

コルゲーターの外観

コルゲーター全体写真

コルゲーターマシンの構造イメージ

両面段ボール、復両面段ボールを下記構造にて製造します。

コルゲーターの構造

コルゲーター全体構造図

原紙は、ロール状に成っており原紙倉庫に積まれ保管されています。これをリフトマンがクランプリフトと呼ばれる、原紙を挟んで運ぶリフト車でコルゲーターまで運びます。オートローディング機構により自動で原紙掛け(ミルロールスタンド)まで入っていきます。その後、自動チャッキングされた原紙をスプライサー(自動紙替え機)にセットします。原紙・糊・熱を使い 片面段ボールをシングルフェーサという所で作ります。右から裏側の段ボール原紙・左から中芯がシングルフェーサに入り片面段ボールを作っていきます。出来上がった片面段ボールに糊を塗布し、表側の段ボール原紙を貼りあわせます。

段ボールシート製造のイメージ

両面段ボールを作るイメージです。3つの段ボール巻き取り原紙を使用し真ん中の原紙を波状にして3枚を張り合わせ、罫線を入れ、スリッターし、切断し段ボールシートを製造します。

段ボールシートの製造イメージ

段ボールシート製造イメージ

段ボールシートの完成

出来上がった段ボールシート

シート完成写真

ページトップへ戻る ページトップへ


Copyright © 2007 NIHONSHIKOGYO Co., Ltd. All rights reserved.